ごあいさつ

社会の役に立つ
自動車リサイクル事業者を目指して。

 TCRグループは、「自動車リサイクル業者にとって、適正処理が最大の責務」という理念を掲げ、1989年1月に発足。当初の活動は、適正処理技術や国内外市場の把握、実態調査など、TCRメンバーの相互研賛と研修活動に重点を置いていました。当時は、まだバブル期末で、使用済み自動車が大量に排出。自動車リサイクル業者の多くは、利益性の高い高年式車パーツのリサイクルにのみ注力し、本当に不要となった車の処理や、作業過程の中で環境に与える影響については、まだあまり配慮されていない時代でした。
 そのような中、TCRグループは、こうした誰もかえりみない車の処理や環境保全こそ自動車リサイクル業界に与えられた使命、と考えたのです。
 バブル崩壊後、日本の社会は、限りある資源を有効活用していこうという方向に大きく転換。何よりも、このかけがえのない地球環境を、これからの世代のために、より健全な状態で残さなければならないという考え方が、広く浸透しました。
 設立当初からこのような時代の要請をしっかりと受け止め、TCRグループは、活動してきました。オゾン層の破壊につながるフロンガス回収へのいち早い取組みやその回収実績の公表、そして業界に先駆けたエアバッグの完全回収が、それを裏付けています。加えて、業界でのリーダーシップを発揮すべく、各種適正処理のノウハウを積み上げ、リサイクル事業の標準環境設備マニュアルの策定にも至りました。
 2005年1月には自動車リサイクル法も施行され、21世紀は環境保全やリサイクル実効率など、これまでにも増してトータルバランスのとれた地球環境への対応が必要とされます。TCRグループは、関連業界との連携をさらに深め、より一層の資源有効利用、環境保全対策に取り組むとともに、自動車リサイクル事業の核となることを目指し活動してまいる所存です。皆様の一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

TCR会長 大橋岳彦

使用済み自動車のリサイクル事業を推進。
地球環境を考えた、
循環型社会の構築を目指します。

TCRは、使用済み自動車の総合的リサイクル事業により、環境保全と資源の有効活用を促進することで、
社会に貢献してまいります。

TCRの使用済み自動車リサイクル事業

●使用済み自動車処理
●リサイクルパーツ販売(国内・海外)
●各種資源リサイクル
●中古車販売(国内・海外)
●環境保全活動

また、この理念を実現するため、次の課題に取り組むとともに、「2015年・使用済み自動車リサイクル率95%達成」にも努め、持続可能な社会作りを目指してまいります。

TCRが取り組む3つの課題

●地球環境に配慮した適性処理と安全かつ健全な工場運営に取組む。
●業界の発展を目指し、リサイクル率向上と付加価値向上に努める。
●コストミニマムを目指し、業界のリーダーとして真に実力のある集団となる。